Story


目を覚ますと、彼女は見知らぬ住居施設で横たわっていた。
そして、自分の異変に気付く。
自分がどこから来て、一体誰なのか、
何もかもが分からなくなってしまっていたのだ。
混乱する彼女の元へ、住人たちが次々とやってくる。
彼らは、自分の名前を担保に、いつもいないオーナーに管理された謎の住宅で暮らしている…
彼女は、ここから出たいと言う。出るには名前が必要だとの答え。
元の世界へ戻るため、彼女は失った名前を捜し始めた。

×閉じる